生活

結婚につながる同棲のために、私が彼と話し合った方法

こんにちは、餅屋です。

今回は結婚を望んでいた私が、同棲を結婚に繋げるためにとった方法をご紹介します。

私は今の夫と、1年交際、1年同棲の後に結婚しました。

彼(今の夫)に「一緒に住みたい」と言われた当時、私は30際目前。

正直、同棲することは死ぬほど悩みました。

同棲することで一番危惧していたのは、結婚が遠のくことです。

・同棲が長引くだけ長引いて、別れたときには結婚適齢期過ぎてた

なんてのはものすごく良く聞く話でして。

私は結婚願望はめちゃくちゃあったので、これは大問題だったんですよね。

彼はというと、いきなり結婚して住み始めるというのは反対派。

かといって結婚に前向きというわけでもなく、同棲したところで結婚の保証はナシ。

同棲は怖いけど、でも同棲しないと彼とはここで終わってしまうかも。

可能性にかけたい気持ちと、同棲が結婚を遠のかせるのではないかという恐怖で苦しみました。

悩んで悩んで悩み抜いた結論は、

人生のうち1年間を彼に賭けて同棲する。

ただし、彼にもそれなりの覚悟を持って同棲に望んでもらう。

それでもダメだったら、後腐れなく別のパートナーを探す。

です。

今の私は、お互いのために同棲期間があってよかったと思っています。

同棲の始まりというのは、対等な関係を築く良い機会でもあります。

同棲するかどうか悩んでる、結婚につながるか不安、という方の参考になれば幸いです。

本当に結婚したい?自分の気持を確かめる。

私は、恋愛がしたいのではなくて一生のパートナーが欲しい、と常々思っていました。

そんな中で彼に出会い、親しくなったわけですが、日々わりと楽しくて結婚願望があやふやになりつつありました。

しかし、彼に一緒に住もうと言われ、いざ物件探しが始まると、

めちゃくちゃ心がザワザワしたのです。

このザワザワがなんなんだろうと考えた結果、この年齢(30間近)で、結婚につながらない同棲している時間はないんだ、ということに行き着きました。

もちろん、結婚できれば誰でもいいというわけではありません。

しかし、彼と「何年か恋愛生活を楽しむ」ことよりも、「一生のパートナーを得る」方が私にとっては大切でした。

もし彼が違うのであれば、他を探すしかないのです。

別れる覚悟をする

同棲しようかという段階で、結婚について切り出すのは、かなりハードル高かったです。

理想を言えば、彼には片膝ついて「マリーミー!」と言ってほしいところ。

切り出すのがつらすぎて、「同棲したら彼も結婚について考えてくれるかな?」なんて期待しそうになります。

が、同棲を5年も続けたのに結婚できなかった、なんていう人が周りにたくさん。

これはもう、腹を割って話すしかありません。

話し合えば良くも悪くも、お互いの結婚観が明らかになります。

私は結婚したいと思っていても、彼は全く結婚したいと思っていないかもしれません。

そうなってしまったら、苦しいですが彼とはお別れです。

私がどんなに彼に一生のパートナーになってほしいと思っても、彼が嫌だったらしょうがないのです。

一生その気持を押し込めて生きられそうもありませんし、彼の心変わりを待っているほど時間的余裕もありません。

最悪別れる覚悟を持つことによって、正々堂々と話すことができます。

いよいよ彼と話し合い

彼と交渉する覚悟が決まったら、同棲するための3つの条件を決めました。

・婚約ということにする。

・同棲(婚約)は一年間に限定する。

・私の親に挨拶してもらう。

とはいえ直接は話しづらかったので、すべてライン上で言いました。

・婚約ということにする。

これは、私が一番最初に切り出しました。

ラインで同棲について話している時に、「婚約ということにしない?」とぶっこみました。

彼は結構焦っていたように思いますが、「私は一生のパートナーが欲しいと思っている。そのために、この同棲を結婚に対してあやふやなまま始めたくない」と言いました。

両家の挨拶など、形式的なものはなくてもよいので、この同棲を二人の中で婚約にしようと伝えました。

・同棲(婚約)は一年間に限定する。

これは、私と彼の、両者の目線に合わせた案です。

同棲を始めたはいいが、ズルズルと同棲生活を続けてしまう、というのはやはり避けたいところ。

婚約に法的拘束力はありませんし、所詮口約束。

ここまで検討した上で、一年かけてもまだ結婚に踏み切れないというのは、所詮そこまでだったということです。

お互いに一生のパートナーでなかったのだ、ということで後腐れなく別れる、ということにしました。

・私の親に挨拶してもらう。

これは人によると思いますが、私は同棲することを親に心配させるのは嫌でした。

なので私を育てた親にきちんと挨拶をして欲しいと思いました。

ただ、親に紹介するときも、「一年一緒に住んでみて、ダメだったらさよならする」と私から言いました。

30間近ということもあって、親も反対しなかったです。

結果、見事一年後に結婚した

上記のことを話し合った後の同棲生活は、結婚まで非常にスムーズに運びました。

お互いの両親にも挨拶をしましたし、しばらくたつと彼の方から「結婚したら〜」とかいう話もちらほらでてきました。

当初想像していた、一年後さあ「ジャッジして!」というようなものではなく、一年かけて自然と結婚の意思が固まりました。

最後に

人には正のモチベーションと負のモチベーションがあります。

結婚における正のモチベーションとは、「幸せになりたいから結婚したい」というもの。

一方負のモチベーションとは、「別れたくないから結婚する」というもの。

両者共に前者で動けたら良いのですが、用心深い男性ほど「結婚は怖い」とおもっているもの。

そんな男性を後押しするのは、「ここで結婚を決めなかったら彼女を失うかもしれない」という負のモチベーションなのかもしれません。

どんなに後押ししたところで、相手にその気がなければ結婚はないので、これはフェアな交渉だと思います。

結婚観は人それぞれですが、私のように「結婚したいけと同棲どうせいっちゅーねん!」という人は、参考にしてみてください!

 

 

-生活
-,

© 2022 おもちblog Powered by AFFINGER5