モノ

「Ryu」の定期入れ(パスケース)を7年使ってレビュー

こんにちは、餅屋です。

皆さん定期入れは何を使っていますか?

私は7年近く愛用している定期入れがあります。

それが、「Ryu」というブランドのパスケースです。



7年使ったRyuのパスケース

「Ryu」は岐阜発祥の革製品ブランドで、イタリアンレザーと国内の職人による丁寧な縫製が自慢のブランド。

私はここのパスケースを7年ほど愛用しています。

定期入れとして耐久性抜群。見た目も渋くてかっこいい。ストラップもついていて便利。

お値段7700円と定期入れにしては高価でしたが、その後7年使い続けてまだまだ使えることを考えるとコスパも良いのではないかと思います。

裏はこんな感じ。

買った時の色はカーキで緑色でしたが、使い込むと色が濃くなっていくレザーなので、黒とも緑とも言えない、なんとも深い色になっています。

この内側の緑が新品だったときの色。

 

ポケットは 表・中央・裏に1つずつ。

表と裏のポケットはそれぞれカードが2枚位重ねて入ります。

革である程度伸びるので、頑張れば3枚ずつくらい入れられますが、伸びてしまうとカードが落ちやすくなるので無理は禁物。

中央のポケットは革が厚くて硬めなので、あまり取り出さないお札なんかを挟むと丁度いい感じ。

 

7年前に店舗で購入したのですが、店員さんが本当にryuの商品を好きなことが伝わってきてとても好印象でした。

レザーの新品と使い込んだ後の色の違いを、店員さんが同じ革使っている私物を見せて教えてくれたり。

 

商品はもちろん、店員さんとかお店とか全体的に素敵だなーと思って、後日お揃いのお財布も買っちゃいました。こちらも6年以上使ってます。

 

7年使っての感想

  • 耐久性が高いのでタフに使える
  • デザインがシンプルで高級感がある
  • 使い込むほど味が出る
  • 基本お手入れしなくていい(一回もしたことない)

このパスケースは定期を入れるだけでなく、クレカと1万円札を忍ばせて、すぐに取り出せるお財布として使っていました。

バッグの奥から、ストラップだけ引っ張ってグイッと取り出す、なんてタフな使い方をするので、耐久性はとにかく必須。

買うときにその点を店員さんに相談したら、

「うちは縫製も金具もしっかりしているんで、耐久性は問題ないと思いますよ」

とのこと。

7年使ってみて、それがただのセールストークでないことが証明されましたね。

あと、ほつれや金具破損だったら修理も受け付けているようなので安心です。

 

でも実は買い替えを検討している

そんな大好きな定期入れも、実は買い替えを検討しています。

理由は、在宅ワークになったことで買い物が変化したから。

 

上にも書きましたが、この定期入れはミニマムなお財布としても使っていました。

ただ通勤バッグを持っていた時は普通のお財布も持っていたので、定期入れに求めるお財布機能は多くありませんでした。

それが在宅ワークになったことで、バッグを持って出かける頻度は極端に少なくなり、単体でお財布として使える機能がもっと欲しくなって来たんですよね。

具体的には、

  • チャックポケットがほしい
  • カードをもう数枚入れられるようにしたい

 

などなど。

とはいえ、ドンピシャなパスケースorミニ財布が見つかっていません。

機能が充実しているものは厚すぎるし、チャックのあるものはストラップを着けられないし…。

Ryuさん作ってくれないかなーなんて。

理想のパスケースが見つかるまで、旅は続きそうです。



-モノ

© 2022 おもちblog Powered by AFFINGER5