モノ

【忘れ物】ノマドや出張でPC道具の忘れ物を防ぐ方法【防止】

こんにちは、餅屋です!

私は在宅ワークが多いのですが、たまにプチ出張や、気分転換にカフェでノマドをすることがあります。

そんなとき、「いざ作業!」となったときによくあるのが忘れ物

マウス、充電器、USB変換器、などなど、、、

流石にPC本体は忘れないのですが、周辺機器を忘れて作業不可能、みたいなことも経験済み。

もう二度とあんな思いはしたくない!ということで、対策することにしました。

 

最強の方法は、チェックリストを作成してPCバッグに貼ること。

チェックリストを作成すること自体は、普通の発想です。

ただ、それをどこに書いておくのかが問題です。

スマホのアプリに書く、必ず持ち歩くノートに書く、、

しかし、道具をまとめてPCバッグに入れているときって、たいてい急いでいますよね。

わざわざスマホを取り出し、チェックリストアプリを立ち上げ、、なんてやっている暇ないです。

急いでいても目に入る場所、それは、PC道具を入れるバッグ。

とはいうものの

どうやって書くのか?が大きな問題です。

満たしたい条件は

・書いた文字がにじまない

・チェックリストが更新できる(貼り替えができる)

・PCバッグへのダメージが少ない

そうして考えたのが、白い布にチェックリストを描き、それを布用シールとしてPCバッグに貼るというもの

完成形はこんな感じ。

ただ、ちょうどよいサイズの布用シール、というのが手に入らず。

ネットでは印刷用の布シールが売っていますが、800円近くでちょっとお高い。

今回は安価・お手軽重視で、主に100均の材料でやってみました。

材料

材料は下記。

・ゼッケン用の布(100均)
・布用両面テープ(100均)
・マジック

絶対じゃないですが、下記の道具も揃えると仕上がりが綺麗です。
・カッター
・カッターマット
・定規

作り方

手順(1)持ち物リストを作成する

ぶっつけ本番で書くとたいてい失敗するので、あらかじめ書きたい持ち物リストを作成しましょう。

自分の場合、下記のような感じでした。

充電器(コード・アダプタ)
マウス赤(レーシーバー付き)
USBハブ
イヤホン
ノートPCスタンド
iPhone充電器(コード・アダプタ)
ペン・紙
ペンタブセット

手順(2)ゼッケン用の布を切る

リストをもとに、横幅を決めます。

私の場合は7cmにしました。

横幅7cmのところでシャーペンで印をつけて、カッターと定規で切るとまっすぐ切れます。

真っ直ぐさにこだわりがないならハサミでザクザク切ってしまって大丈夫です。

縦幅に関しては文字を書いてから切りましょう。

文字を書く前に切ってしまうと収まりきれなくなる可能性があるので。

手順(3)

文字を書いたら、

布の裏に、布に使える両面テープをびっちり貼っつけていきます。

ちょっとはみ出すぐらいにして、あとから端を綺麗に切ります。

シールは基本的に角から剥がれてくるので、丸めるように切っておくと防げます。

完成

見た目的にカッチョいいわけではないですが、個人的にはこれで十分。

強度もわりとあって、もちろん剥がせます。

終わりに

必要な情報を貼っ付ける、という方法は、実はすごく効率がいいです。

このことに気づいたきっかけは、とある人気予備校講師が、表やらなんやらをテキストの表紙にベタベタ貼っているのを見たことです。

必要な情報は、なにかにまとめるのではなく、そのものに貼ると何度も目に入るし、頭に入る。それを知った高校時代でした。

この方法で、PC道具の忘れ物防止に一役買えたら嬉しいです。

-モノ
-

© 2022 おもちblog Powered by AFFINGER5